読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

量産型CW兵の戦闘記録

World of Tanks ASIA鯖で活動している雑兵の日記

ウェストフィールドの勝ち筋

今回はなんとなく思いついたのでウェストフィールドについて書いていく。

ウェストフィールド、おなじみのマップだと思う。個人的にこのマップの勝敗は重い戦車による丘上の取り合いの是非に大きく影響されていると感じる。なので、重戦車や重駆逐の戦力が極端に偏った編成を引くと一方的な試合になりやすい。理由は簡単で、丘上を制圧されると、たとえMTやらLTがマップ南東部分を取っていたところでほぼ未来がないから。

f:id:humantorch30:20170420142201p:plain

赤い線で囲ったエリアを取られた時、南西にいる戦車が身を隠せるのはだいたい緑の場所だけ。あと自走は高確率で逃げ遅れて死ぬ。

だから、自分が俯角取れたり頭の硬いMTとかだったら積極的に丘上の攻防に参加するのは全然アリだと思う。

 

 

 

 

本題はここからで、じゃあ編成負けのクソMM引いたらどうすんのって話。とりあえずこれが今回のいい例。

f:id:humantorch30:20170420142946j:plain

HTが枚数差やばいのと、向こうにはT110E4といった前線を張れる重駆逐もいる。自分はマウスに乗っているけど、味方がエミールとモイスヒェンだけでは120%丘上で勝てないと判断した。

 

 

f:id:humantorch30:20170420143505j:plain

E6、E7周辺をクリアしてあげないと0ラインで交戦があった場合に画像のバットの位置などが撃たれ放題なので、味方の0ライン確保を促すためにここに到着。自走の射線も切れる。すでにこの時点でなぜか丘上に行ってしまった味方が次々に落ちている。今回は敵が丘にガン振りだったのでなんとか無傷で南東を確保。

 

f:id:humantorch30:20170420145403j:plain

たぶんHP差とかも結構ついてたと思うんだけど、味方MTがうまく動いてくれて甘い突っ込み方してくるやつらを順調に撃破していく。あとは残りの敵を殲滅して終了した。

 

この試合で考えたのは、丘上で負けた後にどうリカバリーするかだった。3枚目の画像を見ればわかると思うんだけど、丘を取られた一方でマップの半分を確保し続けている。

f:id:humantorch30:20170420150713p:plain

こんなイメージ。今回はマップ中央に置いたのがマウスだったから耐えきった感あるし、味方MTが積極的に動いてくれたから勝てただけかもしれない。でも、100戦のうち1戦でもこういう時があれば、ウェストフィールドの勝率は1%上がる。

 

ウェストフィールド編成負けっていう開幕GG感漂う試合で自分がティアトップHTだったらこういう動きで勝ちを引っ張る確率が上がるってことだけでも伝わればうれしい。少なくとも無理な丘上に行って犬死するよりも確実に勝てる。MTだったら足あるし臨機応変に頑張ってって言うことしかできないな・・・ MT上手くないのでわからないw

 

結論は、編成クソだからって簡単に諦めるなって話。今回のはランダムのたかが1戦だし参考にならんかもだけど、やるからにはなんとか勝ちを狙っていこう。(自分のチームに紙装甲隠蔽系TDマシマシだったら諦めていいです。稼ぎに走りましょう^^)

 

一応この試合のリプレイ

wotreplays.com

それではまた。

T-10の3優等獲得

f:id:humantorch30:20170414160424j:plain

T-10の3優等が取れた。この戦車はソ連HTツリーでIS-3の次にあたる戦車で、性能面、ビジュアル面ともに素晴らしいので取れてうれしい。自分はIS-8時代(HD化前)に乗っていないので比較はできないけど、現状の性能なら間違いなくティア9HTの中でトップクラスの強さを持っている。WGLなどで出てくるのが実質これかWZ-111 1-4というところからもその優秀さはわかると思う。
 
この戦車は、IS-3の後継でありながらIS-3とは運用方法が違う点が多い。まず、50km/hの足と優れた車体旋回のおかげでIS-3よりも味方MTの支援が捗る。ここで個人的に重要だと思ったのが、得意なのは”MTの支援”であって、”MT運用”ではないところ。よく快速HTはMT運用すると強いみたいなのを聞くけど、これは基本的にMTの支援のことを指していると思う。いくら機動性がよくても、車体のサイズや隠蔽の関係でそっくりそのままMTと同じ使い方はできない。
 
結果的に一番T-10の強みが活かせる戦い方は、足を活かしてその状況で有利に戦えるポジションを常に確保することに尽きると思う。ある時はハルダウンで敵HTと殴り合ったり、ある時は手薄なところに突っ込んで突破口を作ったり、格下MTやLTを殺しに行ったり・・・と、とにかくできることがIS-3に比べて格段に多い。
 
拡張パーツや弾配分などは画像の通り。結局レーションは積まなかった。優等生のT-10君ぜひ使ってみてね。それではまた。
 
 
※追記
基準値は3500くらいな気がする

ようやくIS-3の3優等

タイトルの通り。やっと取れた・・・f:id:humantorch30:20170411141714j:plain

f:id:humantorch30:20170411141754j:plain

なにがやばいって戦闘数ね。もう1400回近いよw それでも好きな戦車だったのでいつかは取りたいと思ってた。IS-3はwot始めてから2番目に進めたルートってのもあって平均ダメージとかは低いけど、勝率だけは60%超えてるあたりこの戦車がいかに強いかわかる。いやさすがに1400戦したらある程度は運要素なくなってるだろうしねw やはり優秀な火力と砲塔装甲、機動力といった強戦車の要素をほぼ完璧に満たしてるこいつは唯一無二の存在だと思う。ディフェンダーが増えてもそれは変わらないかな。

実のところ、数百戦前からずっと90%付近を彷徨ってはいたんだ・・・ でもいざ3優等を狙うと変に意識してしょぼちんしまくったりしてダメだった。94.5%乗せてから何回ミスったかもう数えきれないレベルw 正直なところMMがデレてくれてればだいぶ前に取れてたのかもしれない。でもそこはティア8の宿命というか、ボトムでのあがきっぷりにかかってる。そもそもボトムでの稼ぎ方を心得てればこんなに苦労しなかったと思うな。

ティア10戦場でのIS-3の動き方はとても難しくて、最前線で撃ち合うと速攻殴り殺されたりするし、火力インフレしてて2、3発しか耐えられないのでヘルス使うタイミングもシビア。だからといってチキりすぎると全く稼げないので、割り切ってMTルート行ったり、味方HTのラッシュに混ざって履帯切ったりと色々な工夫が必要だった。あとこれはHTなら仕方ないんだけど、IS-3の足でも稼げない戦場は絶対に存在する。特に光の速さで敵が全滅する展開は無理だった。逆に一瞬で味方が溶ける展開だと判断したら、何が何でも最後まで生き残って全弾貫通させるつもりで射撃すれば効力射は取れると思う。たぶんこれはどの戦車でも優等狙うときは意識すべきことだと思う。

基準値は多分2800くらい。一応説明しておくと、優等の計算はダメージとアシストの合計だけど、アシストに関しては観測と履帯切りのどちらか多いほうしか考慮されないので注意。アシスト4000でも観測と履帯切りで2000ずつの場合は非常に損することになる。参考として、5000出すと95%付近でも1%近く上げられる。なので、94%に乗せた状態で1発特大キャリーすれば取れるはず。または3000を連発して出してれば上がる。

なんとかIS-3の3優等取って色々学べたので、これをきっかけに他の車輌も取りたいと思ってる。そして、ツイッターでホイホイ3優等報告してるユニカム達の言うことは真に受けちゃいけないw 彼らは上位数%のユニカムなので上位数%しか取れない3優等が取れる。IS-3の3優等はかなり基準が低いほうであることは間違いないけども、一般人にとっては大変なのは間違いない。それに3優等なんて自己満足なので、自分が好きな車輌で取れればそれでいいと思うよ。好きな戦車に3つ星や三本線入れるためにがんばるってとても健全な楽しみ方じゃない?

今回の記事が優等を上げるための基礎的な考え方、IS-3で優等取りたいって人の参考になれば幸いかな。それではまた。

Obj.252U Defender

今回は言わずと知れた強課金戦車のディフェンダーについて書こうと思う。スコーピオンGあたりから課金戦車の性能インフレが激しくなってきたのは誰もが感じているだろうけど、ディフェンダーはその中でも抜群に強い(と思われている)。ある程度自分が乗ったのと、嫌というほど戦場で相手にしたので使用感とか対策を伝えられればいいかな。

まず、使用感について。これは乗った人は絶対にわかると思うんだけど、主砲がけっこうガバい。距離100mくらいでも、命中させるのに長い時間足を止めてエイムする必要がある。IS-3の5スキル乗員でこの状態なので乗員練度は限界だ。拡張パーツはラマー、スタビ、換気扇を載せてるけど人によっては換気扇とガンレイを交換してもいいかもしれない。貫通力とDPMはIS-3と同等なのでティア8としては優秀だ。ただ8戦場でディフェンダー自身と戦う場面が多いのでAPCRは多めに積んでおいたおうがいい。ちなみにフル金でもよほどのしょぼちんをしなければ余裕で黒字が出る。ぶっちゃけフル金レーションでも黒字出せるぶっ壊れ具合だ。自分は10/17/3の配分で使っているけど、たまにAPCRいらない戦場もあるのでその時は1試合で100kクレジット近く稼げる。

次にこの車両に対する対策について。最初に言っておくけど、7以下では車体正面はほぼ詰んでるので割り切って履帯切るかキューポラ頑張って狙おう。こればっかりはWGを恨め・・・ ただ、同格以上なら弱音を吐いている余地はない。よく知れた弱点の車体下部は正対していたら約220mmの防御力がある。同格なら課金弾を使えば問題ない。

f:id:humantorch30:20170327153215p:plain

駆動転輪を抜かれない昼飯状態では上の画像のような感じだ。黒く塗った部分を自身の265mm貫通APCRで撃った場合の数値が表示されている。こう見るとかなり弾かれそうに見えるが、実際はこの程度の昼飯ならこの画像ほど硬くないように感じるし、貫通下振れ引かない限り抜ける。逆に車体上部はこの角度ではほぼ無理な気がする。

f:id:humantorch30:20170327154307p:plain

次に車体隠されたときにどこ撃つかなんだけど、赤が実厚150mm、緑が実厚250mm部分になる。正面張り付かれたりハルダウンされてもこの弱点思い出そう。300mm貫通あれば余裕でどこでも抜ける。あとこれは小さい弱点狙うときのコツで、こいつの場合キューポラ狙うときは高さだけ合わせて置きエイムしよう。相手が車体とか砲塔動かしてもキューポラの垂直座標は変わらないから、高さだけ合わせたら絞り切って待てば結構当たる。アジ鯖はping糞で小さい目標をマウス動かして追跡してもなかなか当たらないけど置きエイム活用すればなんとかなる。それと、砲塔の形状のせいでショットトラップが発生する。そのせいでたまに抜かれるはずのないやつから抜かれる。まあ、見ての通りハルダウンしても弱点多い。IS-3のほうがハルダウン安定する。IS-3最強。

ずっと正面ぶち抜く話だけしてきたけど、車体が前に長くて駆動転輪甘い角度で出してくるやつめっちゃ多いのでその場合は笑顔で履帯切り&ダメージいれてあげよう。

総論としては、金策性能、格下ぶっ殺し性能はティア8最強かな。ただ使用感で言った通り精度に難があるので格上に攻撃通しづらいし、使ってみると意外とストレス感じる場面もある。なので個人的にはハルダウンが圧倒的に強力で精度もいいIS-3のほうが強いと感じる。まあ課金戦車がティア8最強格を争ってるのがまずおかしいんだけどねw

最後にひとこと、そんなにディフェンダーの数や質で勝敗決まるのが嫌なら9とか10乗ってひねりつぶそう。持ってないなら開発しよう。低ティアが迫害されてる感は否定できないけど、実装されてしまった以上はなんとかするしかないし、自走よりはマシだよw

それではまた。

 

リプレイ置き場

適当にリプレイを置いていくつもり

wotreplays.com

楔形装甲

楔形装甲っていうと、代表的な戦車はやっぱりIS-3だと思う。wotに登場する戦車で他にもこういう装甲のやつはあるけど、時々耳にするのが「楔形装甲は苦手」って声。これは多分昼飯取ったときに防御力を単純に上げられないからってのが主な理由だと思うんだけど、楔形装甲ならではの防御術も自分なりに考えながら使っているので少し紹介する。今回も正面での殴り合いするときの話だけど・・・w

まず大前提として頭に置いておいて欲しいのは、相手の砲にもよるけど車体で弾くことを前提にした立ち回りは限界があるってこと。IS-3だったら貫通210mmくらいからは正対した状態で抜かれ始めるわけだし、車体を撃たれている時点で弾けたらラッキーだと考えるべき。それでも毎度毎度ハルダウンできたり豚飯できる状況はないので、弾く確率を上げる工夫が大事になる。

例えば市街地戦とかで自分がよく使う方法は、楔形の相手から遠い面を撃たせる動き。

f:id:humantorch30:20170306182645j:plain

f:id:humantorch30:20170306182721j:plain

f:id:humantorch30:20170306182755j:plain

3枚の画像を参考に貼ったけど、うまく伝わるかな?相手から見て2枚目のような状態を作って車体を前後に揺らすことで、角度の死んだ面を狙わせながら反対側の面で弾くことができる可能性がある。注意したいのは、揺らすときに内側の駆動転輪まで晒さないようにすること。そこまで車体出してる時点で死んだ面撃たれるし関係ないかもしれない。とにかくほんの少しだけ車体の先を出すイメージかな。一発撃ってからリロード終わるくらいにやると、敵はもう一回撃ちに出てくると思って砲撃することが多いのでミスを誘うことができる。この画像もそういう場面だった。

ぶっちゃけこのテクニックは砲塔が前についてる車両ならみんなできると思う。IS-7とかを除いて楔形装甲の車両は基本的に前部砲塔のやつが多いし、角での撃ち合いの時に前部砲塔って個人的にすごく使いやすい。

楔形装甲は癖がある分使う人の腕で粘り強さにかなり差が出てくると思うから、自分なりにどうすれば抜かれにくいか考えながら戦うと面白いんじゃないかな。あんまりたくさん書いても仕方ないから今回はこの例だけだけど、結局実戦で色々試してみるのが一番だと思うよ。それじゃ今回はこの辺で。

貫通率を上げたい話

今回は特にHTに乗ってるときに役に立つ?天板装甲厚とか3倍ルールについて書こうと思う。ていうかどの車種でも大事か。自分は柔軟な陣地転換とかが下手な分、正面切っての撃ち合いでダメージを稼ぐのは得意なほうなので、そういった場面で重要な知識だと思ってもらえたらいいかな。

天板って言われるとほとんどの人は砲塔天板を思い浮かべると思うけど、実は車体天板が何mmなのかってのも大事な知識。よくランダム戦で、インファイトでボコボコにされてる人っているよね。8shでも頻繁に見る例としてIS-3対IS-3のインファイトがあるけど、密着してたら車体天板撃てばいいだけなのにわざわざ砲塔天板狙って弾かれてる場面があったりする。双方がそれをわかってると上手く車体を動かされて狙えなかったりするけど、そんなケースはそうそうないと思う。

f:id:humantorch30:20170222175752p:plain

この画像の緑色の部分は20mmなので、61mm以上の口径の砲弾が触れれば貫通できる。これは代表的な例だけど、T29系統の砲塔天板は38mmだったり、Tiger2の砲塔天板が40mmだったりと知識次第で貫通率を上げていくことは可能だし、3倍ルールを有効に使えば一方的に殴れる場面が増えたりするから、少しでも苦手な意識がある車両とか疑問に思ったら速攻このサイト行って調べたほうがいい。

World of Tanks - World of Tanks - tanks.gg

あとこれは弾種の話になるけど、HEATとHEには3倍ルール適用されないから注意。その代わりHEATは入射角85°まで跳弾されないから、高ティアの330HEATとかは貫通力のゴリ押しで当てさえすれば抜ける場面が多い。例えばE75の砲塔天板は60mmだから、真正面からだと75°~78°の傾斜で実厚270mmくらいになる。下の画像は330HEATを当てた場合の貫通率を示してるんだけど、1枚目の黒丸みたいに正直に砲塔正面狙うより2枚目の黒丸の位置にエイムしたほうが抜きやすい、と個人的には思う・・・ ぶっちゃけこの辺は好みの問題かもしれないけどw いや、E75の砲塔正面って狭いから、ね?(当然だけどAP、APCRじゃ天板はりこしぇーいだよ)

f:id:humantorch30:20170222182228p:plain

f:id:humantorch30:20170222182422p:plain

 

とまあ色々言ってきたけど、このゲーム絞り切ってもあらぬ方向へ弾飛んでくし、少しそれても抜ける位置とか当て方を研究するのも大事かなって。そのときに天板の装甲厚やら3倍ルールやら弾種やらを考えてみると実戦で活かしやすいと思う。ハルダウン最強とか言われてる戦車も割と弱点あったりするしね。wotが知識ゲーって言われてる理由の一つにもこういう要素があると思うし、Tanks.gg調べてる時間も結構楽しいからみんなも活用しよう!